トップ 画像

BR237 台北-ジャカルタ エバー航空 ビジネスクラス

2013年8月 TPE-CGK 旅行記の目次

  1. 桃園国際空港 ターミナル2
  2. プレミアムローレル チェックイン
  3. エバー航空 ラウンジ
  4. 搭乗-機内-シート-アメニティ
  5. 機内食
ノボテル前泊 シャトルバスでT2へ

ノボテル台北 シャトルバス 画像

前日に関空から台北入りし、空港ホテルの「台北ノボテル桃園国際空港ホテル」に宿泊。

シャトルバスが出ているので、朝9時出発の飛行機に間に合うように乗り込みます。

いよいよエバー航空の本拠地、台北桃園空港からの出発です。

シャトルバスは、ターミナル1とターミナル2に送迎してくれます。

前日乗車した場所に到着、ということはどうやら出発フロア前ではないんですね。

チェックインカウンターのフロア(3階)に向かいます。

バス乗り場からエントランス

バス乗り場からエントランス 画像

ホテルシャトルバスの停留所からターミナル2の入り口へ向かいます。

ここから入ると左手に台湾の携帯電話会社(通信会社・キャリア)のカウンターが並んでいます。

こちらで台湾モバイルのプリペイドSIMが購入可能です。

台湾モバイルの他、中華電信、遠傳電信(FAREASTONE)、威寶電信(VIBO)などがカウンターを設置しています。

前回はこのカウンターでSIMカードを購入、無事利用できました。

すごく込んでいたんですが、後にターミナル1に行ったらガラすきでした。

込んでいたら別のターミナルまで行ったほうが早い場合もあるかもしれません。

モバイルSIMカード販売時間

モバイルSIMカード販売時間画像

朝ですので、カウンターは全部閉まっていました。

どのキャリアも午前8:00からの営業のようです。

夜は9時くらいまで。

早朝便や深夜便での到着の人は注意が必要です。

今回は1泊でホテルステイだけですので、借りる必要はありませんでした。

スポンサー リンク

セブンイレブンやフードコート

セブンイレブン・フードコート画像

セブンイレブンなどのコンビニやフードコートは営業しています。

ターミナル2の1階到着フロア

ターミナル2の1階到着フロア画像

ターミナル2の1階、到着フロアの様子です。

ターミナル1は新しくスタイリッシュにリニューアルしています。

T2は、古いですねー。

昭和の雰囲気があります。

ディパーチャーフロアへ

ディパーチャーフロアへ画像

出発フロアへエスカレーターで移動します。

ターミナル2出発フロア

ターミナル2出発フロア画像

出発フロアに到着しました。

天井は高いんですが、他の空港と比べてスペースが少なく狭いくごちゃごちゃした感じです。

エバー航空の本拠地

エバー航空の本拠地画像

このターミナルは、台湾のエバー航空の本拠地です。

スターアライアンス加盟でスタアラのロゴが付いていますね。

キティちゃん三昧

キティちゃん三昧画像

日本人には見慣れたキャラクターがいます。

エバー航空はハローキティと提携していて、ハローキティジェットも多数飛ばしています。

ハローキティチェックイン

ハローキティチェックイン画像

なんとこれは、ハローキティの自動チェックイン機のコーナーです。

キティちゃんがエバー航空のCAの服を着ていますね。

台湾人の子どもがたくさん記念撮影していました。

もちろん今回はここでチェックインはしません。

インフォメーションカウンター

インフォメーションカウンター画像

中央のインフォメーションカウンター(服務台)です。

男性スタッフが2人きちっと立っていますね。

中国のメインランドとちがって台湾は教育がキチンとされているのがよくわかります。

まったく別の国ですからね。

エバー航空上級チェックインカウンター

エバー航空上級チェックインカウンター画像

エバー航空の上級会員と上級クラスのチェックインカウンターです。

スターアライアンスゴールドメンバーも利用可能です。

プレミアムローレルクラス(ビジネスクラス)なので、こちらで搭乗手続きをします。

エバー航空Citibankカード

エバー航空Citibankカード画像

台湾居住者向けエバー航空の提携カード「EVA シティバンクカード」。

緑でデザインもかっこいいですね。

ボーディングパス

ボーディングパス画像

搭乗券とラウンジインビテーションです。

この空港のラウンジはタイ航空とプライオリティパスのラウンジしか利用したことがなく、エバー航空のラウンジは初めてなので楽しみです。

ダイヤモンドメンバー専用チェックインラウンジ

ダイヤモンドメンバー専用チェックインラウンジ画像

ダイヤモンドメンバー専用チェックインラウンジがありました。

最上級会員は、こちらでゆったりチェックインできるんでしょう。

スイートチェックインより高級な感じがします。

制限エリア

制限エリア画像

セキュリティチェック、出国審査を終え、制限エリアに入ります。

カルティエやグッチ、ティファニー、エルメスなど高級ブランドショップが並んでいます。

出国審査後

出国審査後画像

出国審査後の1つ上のフロアがラウンジの集まるフロアになっています。。

ターミナル4階

ターミナル4階画像

こちらから4階へ行きます。

エバー航空のラウンジの他にはチャイナエアラインのラウンジやシンガポール航空のシルバークリスラウンジ、プライオリティパスで入れる「THE MOREラウンジ」、エバーグリーントランジットホテルなどがあります。

フードコート

フードコート画像

4階にはフードコートもあり、スターバックスやバーガーキングもあります。

エバー航空ラウンジ

エバー航空ラウンジ画像

ラウンジに到着です。

エバー航空のラウンジは4ヶ所ありますが、ビジネスクラスで利用できる2つのラウンジ「The STAR」「The INFINITY」がこちらの入り口から入室できます。

この日撮影した、ラウンジの詳細は下記のページで詳しくレポートしています。

子ども用待合室

子ども用待合室画像

さて、ラウンジでゆったり待ち時間を過ごして、ゲートへ向かいます。

途中にキッズルームでしょうか?キティちゃんのウエイティングラウンジがありました。

授乳室

授乳室画像

さらに授乳室もキティちゃん。

ベビーキティがかわいいですね。

デューティフリーショップ

デューティフリーショップ画像

免税店にはこんなキャラが。

パイナップルケーキでしょうか?

台湾のお土産として有名ですよね。

ガンダム

ガンダム画像

こちらにはガンダムが。

台湾の人は日本の文化が好きですね。

これだけ気に入ってもらえてるとうれしいです。

A330-200

A330-200画像

さて、そろそろ搭乗です。

こちらが本日乗る飛行機、窓ガラスが青いため写真が青く写ります。

昨日搭乗したBR2131(BR131)大阪関西-台北便と同じ機種、A330-200型機です。

ゾーン指定

ゾーン指定画像

どうやら搭乗券の数字はゾーン指定で、入り口が分かれているみたいです。

運命の分かれ道

運命の分かれ道画像

運命の分かれ道は、左のプレミアムローレルクラスへ。

ボーディングブリッジ

ボーディングブリッジ画像

ボーディングブリッジを渡り搭乗します。

今回の座席

今回の座席画像

今回は昨日の8Gのシートと同じ並びの左側8C通路側です。

前から3列目です。

シート

シート画像

昨日と機種が同じで、シートもまったく同じタイプです。

シートについて詳しく知りたい方は昨日の搭乗記をご覧ください。

ドリンクとおつまみ

ドリンクとおつまみ画像

離陸後のドリンクとおつまみです。

シャンパンをチョイス、おつまみはEVAオリジナルのおかき、おいしいです。

こういうのも日本風ですね。

ドリンクメニューも昨日のBR2131(BR131)と同じです。

台北ジャカルタ機内食

台北ジャカルタ機内食画像

さて、機内食がサーブされていきます。

まずは前菜から。

海老のマリネ ライムヴィネグレットソース、チキンのガランティン スライス、ローストえりんぎ。

エリンギも椎茸と一緒で日本語がそのまま海外で利用されているんですね。← 親切な読者の方からエリンギは日本語ではないというご連絡をいただきました。

「エリンギはフランスやイタリアの地中海岸が原産で日本で最初に商業栽培されたのは1990年代と最近のことです。」ということです。

確かに漢字がないですね、ありがとうございました。

前菜のアップ

前菜のアップ画像

前菜のアップ写真です。

エビは料理の彩として最適ですね、映えます。

メインディッシュ

メインディッシュ画像

メインが配られます。

またしても海老を選択しました。

海老のムース 甘辛ソース アーモンドフレーク包みと、温野菜、ネギと卵のチャーハンです。

  • Golden Fried Shrimp Mousse Coated with Almond Flakes on Sugar Cane in Sweet Sour Spycy Sause
  • Mix Vegetables
  • Egg Fried Rice with Scallion

その他のメインディッシュ

  • 日本式 照り焼きチキン 生姜とネギ、温野菜、白飯
  • モンゴル式 牛肉の醤油焼き、温野菜、中華風焼きそば
メインのアップ

メインのアップ画像

メインの断面です。

美味しかったです、他の2つも魅力的なメニューですね。

この路線には「鼎泰豐(ディンタイフォン)DIN TAI FUNG」の機内食はありません。

なみなみシャンペン

なみなみシャンペン画像

シャンペンのお変わり、なみなみと注いでくれます。

アジアで一番のサービスかもしれません。

食後のデザート

食後のデザート画像

食後には、デザートとフルーツ、コーヒーです。

機内エンターテイメント

機内エンターテイメント画像

機内食も終わり、満足したところで映画でもみましょう。

日本語の案内もあります。

「ハングオーバー!!! 最後の反省会」、「モンスターズ・ユニバーシティ」と面白い映画がありますね。

ジャカルタまでもうすぐ

ジャカルタまでもうすぐ画像

このフライトの飛行時間は5時間10分、映画も見られて楽しいフライトでした。

まもなくジャカルタに到着です。

JKTと書いてありますね。

ジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港の空港コードはCGKなんですが、なぜかJKT。

AKB48の姉妹ユニットのJKT48があるくらいですからジャカルタの略なんでしょうか?

これでこの旅行記は終了です。

お疲れ様でした!

同じ旅程の搭乗記・旅行記

航空会社・空港・ラウンジ 関連する記事

この都市の旅行リンク

スポンサー リンク

ページの先頭へ