CX567ビジネスクラス搭乗記 TOP画像

CX567 大阪 関西-香港 キャセイパシフィック航空 A350 ビジネスクラス搭乗記

2017年2月 KIX-HKG CX567便 ビジネスクラス搭乗記 エアバスA350 アッパークラス通算95路線目 機内食、シートなど旅行記・ブログ 復路CX566

香港-大阪 キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

キャセイパシフィック航空A350

キャセイパシフィック航空A350画像

今回はキャセイパシフィック航空のA350ビジネスクラス搭乗レポートです。

エアバス社の最新型機、CX仕様がついに日本へ上陸。

キャセイらしい素晴らしいサービスとピカピカの飛行機をお届けします。

日本 - 香港線 スケジュール / 価格
初めてのキャセイ搭乗

初めてのキャセイ搭乗画像

2017年1月8日からCXのA350-900型機が、ついに日本へ上陸しました。

関空-台北-香港のCX565/CX564便を皮切りに、今回搭乗の直行便CX567/566便にも投入。

曜日によってはCX595/594、CX561、CX569にも投入される場合があるようで関空からは乗るチャンスが多いですよ。

羽田、成田、名古屋、福岡からの便ではしばらく投入の予定がないようなので、CXのA350に乗るなら関空ですね。

実はこのフライトが100区間以上飛行機に乗っているにもかかわらず初のキャセイ便。

それがA350のビジネスクラスということで非常に楽しみでした。

関空ジョイテルホテル前泊

関空ジョイテルホテル前泊画像

CX565便は関空9:30発ということで、空港に近いJR日比野駅前にあるエアポートホテル「関空ジョイテルホテル」に前泊しました。

無料の空港送迎バスや大浴場もあり、タイミングがよければ6,000円程度、通常でも1万円以内で宿泊でき、おすすめのホテルです。

送迎バスで関空へ

送迎バスで関空へ画像

翌朝、送迎バスで関西空港へ到着です。

所要時間は20分程度、出発フロアへ直行なので便利ですね。

カウンターC

カウンターC画像

早速チェックインカウンターへ向かいます。

キャセイはCカウンターのようです。

カウンター入り口

カウンター入り口画像

カウンターの入り口です。

自動チェックイン機やインターネットでのWebチェックイン済みの場合は荷物だけ預けられるカウンターがあります。

なにやら張り紙がありますね。

チェックイン開始時刻

チェックイン開始時刻画像

「ただいまのお時間はCX567/JL7051、CX503/JL7053のご搭乗手続きを承っております。混雑を避けますため、CX565/JL7055のご搭乗手続きは08時10分から開始させていただきます。」ということです。

便によっては早く着きすぎてもチェックインできないみたいですね。

おそらくチェックイン済みでバゲージドロップのみであればOKなんだと思います。

エコノミークラス

エコノミークラス画像

エコノミーと案内がありますが、ファーストやビジネスのカウンターもこちらです。

クラス並び

クラス並び画像

当然ながら、ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミー、エコノミーの順番です。

が、実は更に手前はバッグドロップカウンターです。

カウンターオープン前

カウンターオープン前画像

CX565便は朝一番の便です。

カウンターオープン前でそろそろ営業開始です。

一日の始まりです。

ビジネスクラスチェックイン

ビジネスクラスチェックイン画像

本日はこちらからチェックイン、ビジネスクラスとキャセイのマルコポーロクラブ会員、ワンワールドのエメラルド、サファイヤ、ルビーのステータス会員が利用できます。

カウンターオープン

カウンターオープン画像

7:00になりカウンターがオープンしました。

搭乗手続き開始です。

ファーストクラスカウンター

ファーストクラスカウンター画像

お隣はファーストのカウンターです。

が、この便にはファーストの設定はありません。

ビジネス、プレエコ、エコノミーの3クラス制です。

ファーストのカウンターはワンワールドのエメラルドでも利用できるようです。

ボーディングパス

ボーディングパス画像

即座にチェックイン完了です。

搭乗券とラウンジインビテーションです。

PACIFIC LOUNGE / ASUKA LOUNGEの表記で飛鳥に線が入っています。

関空のキャセイは便によってアサインされるラウンジが異なります。

今回はラウンジパシフィックが指定ラウンジです。

KIXノースラウンジがアサインされる場合もあるようです。

ワンワールドの公式サイトには両方記載されていますが、アサインされたラウンジしか利用できないようなので注意が必要です。

関空ファストレーン チケット

関空ファストレーン チケット画像

そして、今回は2016年に新設された優先レーンの利用券ももらえました!

(当日のみ有効)

ついに関空もプライオリティレーンができ、長蛇の列に悩まされることがなくなり、うれしいです。

北と南の両方の出発口にあるのもいいですね。

北出発口

北出発口画像

出発口ですが、やはり激混みとまでは言いませんが、それなりに時間がかかるようです。

関空 優先レーン

関空 優先レーン画像

そして、こちらが優先レーン「ファーストトラック」、並ぶことなく保安検査が受けられます、素晴らしい!

ただ、条件が他の羽田や成田などの空港より厳しいみたいです。

ちなみに出国審査場は一般レーンと共通で、バンコクのように優先イミグレーションはありません。

免税制限エリア

免税制限エリア画像

免税制限エリアに入りました。

日本の空港はセキュリティチェックは混みますが、出国審査は比較的スムーズに通過できます。

朝早いのでROLEXなどまだオープンしていない店舗があります。

北ウイングへ

北ウイングへ画像

キャセイパシフィック航空の発着する北ウイングへと向かいましょう。

アライアンスが同じワンワンワールドのJALは南ウイング出発ですので、サクララウンジを利用しようと思うとかなり時間の余裕が必要です。

シャトル手前

シャトル手前画像

関空は搭乗ゲートがある南北ウイングへはウイングシャトルという乗り物に乗ります。

その入り口付近です。

シャワールーム

シャワールーム画像

ここを右に曲がると、バスゲートと24時間営業のシャワールーム(有料)、そしてKIXノースラウンジがあります。

KIXノースラウンジ

KIXノースラウンジ画像

KIXノースラウンジのエントランスです。

どうやら7:30のオープンでクローズのようです。

LOOK JTB

LOOK JTB画像

このラウンジはルックJTBの対象ツアー利用の人が入室できます、またキャセイのロゴもあり便によってはこちらがアサインされます。

今回は入れません。

中間駅で機体確認

中間駅で機体確認画像

ウイングシャトルで中間駅までいくと、窓から早くもA350が見えました!

一目で分かる特徴的な先端部のデザインです。

鳥みたいな感じですね、標準でもノックエア機のような雰囲気です。

CXとTG機

CXとTG機画像

隣りはキャセイが2機とタイ航空機が駐機しています。

午前中は台北行きも含めCX便が多いです。

搭乗ゲート確認

搭乗ゲート確認画像

ゲートエリアに来て、まず搭乗ゲートを確認します。

見えますねA350、かっこいいです。

別アングルA350

別アングルA350画像

別アングルから撮影しています。

今後JALにも採用され、主流になっていく機種です。

優先搭乗レーン

優先搭乗レーン画像

優先搭乗はファースト(設定なし)、ビジネスクラス、マルコポーロ会員、ワンワールドのエメラルド、サファイヤ会員です。

飛鳥ラウンジ

飛鳥ラウンジ画像

さてラウンジに行きましょう。

本日はこの飛鳥、ではありません。

たしかにこの時はキャセイの看板が出ていません。ご招待のお客様に限らせていただきます。

とのことです。

ラウンジパシフィック

ラウンジパシフィック画像

今回はこちら、キャセイパシフィック航空の自社ラウンジ、「ラウンジパシフィック」です。

フィンエアーとマレーシア航空は、飛鳥にも看板があったので、この2社も便によって使い分けているんでしょうか?

古いラウンジ

古いラウンジ画像

ひと昔前のラウンジといった感じです。

窓がなく閉鎖的ですが、それなりに寛げます。

軽く1杯

軽く1杯画像

機内食もあることですし、軽くいただきました。

生ビールがあるのはうれしいですね。

搭乗時刻

搭乗時刻画像

搭乗時刻になり、いよいよ機内へ入ります。

運命の分かれ道

運命の分かれ道画像

運命の分かれ道は左へ、プレエコはエコノミーと一緒の右からの搭乗です。

新聞

新聞画像

ドアの前に日本語、中国語、英語の新聞が置いてあります。

機体アップ写真

機体アップ写真画像

ドアの横から撮影です。

ピカピカの機材が美しいです。

ボーディング

ボーディング画像

いよいよ最新のキャビンとご対面です。

つづきは下記のリンクから


日本 - 香港線 スケジュール / 価格

同じ旅程の搭乗記・旅行記

航空会社・空港・ラウンジ 関連する記事


スポンサー リンク

ページの先頭へ