ANA エアバス A380 カウチシート「ANA COUCHii」 画像

ANA エアバス A380 ハワイ線 カウチシート「ANA COUCHii」

ANA エアバスA380の新しいカウチシート「ANA COUCHii」とプレミアムエコノミーの解説。ハワイ ホノルル線 ANAカウチの値段、申込や予約方法 特典航空券でも追加可能かなど。

ANA エアバス A380

ANAのA380は2019年5月24日就航

ANAのA380は2019年5月24日就航画像

新しい「令和」時代の幕開けと共に、ANAのA380が新規就航。

エアバスの超大型機が日本のエアラインに就航するとは嬉しい限りですね。

ANAカウチ

カウチシート「ANA COUCHii」

カウチシート「ANA COUCHii」画像

今回の目玉は、いくつかありますが注目なのが日本の航空会社初採用、カウチシート「ANAカウチ」です。

エコノミークラスにも関わらずフルフラットになるという仕様です。

ANAカウチの場所

ANAカウチの場所画像

上記の図はA380の1階席のシートマップです。

ANAカウチはキャビンの最後方に位置しています。

ANAカウチシートの座席数

ANAカウチシートの座席数画像

座席数は10席が6列で合計60席あります。

このキャビンの最前列70はカウチシートではありません。

※「・」の付いている座席はアームレストが上がらない席です。

18組しか予約できない

18組しか予約できない画像

座席自体は60席ありますが、カウチシートの特徴としては3席または4席1組で販売されます。

ですので18組しか予約できません。

1機のA380に18しかありませんので、早めに確保しないとすぐに売り切れます。

ANA COUCHii専用の寝具

ANA COUCHii専用の寝具画像

ANA カウチ専用の寝具として、シーツマット、枕、毛布が1組あたり1セット配布されます。

ANA COUCHii専用シートベルト

ANA カウチ専用のシートベルトも配布されます。

寝転んだ状態でもシートベルトが着用できるようになっています。

各座席には通常の1人ずつのシートベルトも装備されています。

離着陸の際は通常のものを利用します。

シートベルトは着陸準備の際に回収されます。

回収のタイミングは、機内アナウンスにて案内されます。

ANAカウチ 利用例 値段

4名で利用 4席シートのみ

4名で利用 4席シートのみ画像

4名で利用する場合はもちろん4席シートになります。

大人2人、子供2人や大人1人、子供3人などが想定されます。

大人4人だと三角座りか胡坐をかくなどしかできません。

フラットになる意味がなくなってしまいます。

4名ANAカウチ料金

※価格はすべて片道あたり

ローシーズン、ハイシーズン すべて12,000円 (4名分)

1人あたり3,000円

3名で利用 4席シートまたは3席シート

3名で利用 4席シートまたは3席シート画像

3名で利用する場合は3席シート、もしくは4席シートも指定可能です。

当然のことながら人数より多い4席シートはかなり料金が高くなります。

両親と子供一人なら3席。

大きい子供なら4席を指定すると快適に利用できそうです。

3名ANAカウチ料金(3席利用)

ローシーズン、ハイシーズン すべて9,000円 (3名分)

1人あたり3,000円

3名ANAカウチ料金(4席利用)

ローシーズン 22,000円 (3名分) 1人あたり7,333円

ハイシーズン 52,000円 (3名分) 1人あたり17,333円

2名で利用 4席シートまたは3席シート

2名で利用 4席シートまたは3席シート画像

3名で利用する場合も3席シート、もしくは4席シートも指定可能です。

両親と座席を確保しない2歳未満の赤ちゃん(幼児運賃)の3名の場合はこちらの2名になります。

3席利用は比較的リーズナブルな価格設定です。

4席は価格が跳ね上がります。

2名ANAカウチ料金(3席利用)

ローシーズン 19,000円 (2名分) 1人あたり9,500円

ハイシーズン 49,000円 (3名分) 1人あたり24,500円

2名ANAカウチ料金(4席利用)

ローシーズン 52,000円 (2名分) 1人あたり26,000円

ハイシーズン 172,000円 (3名分) 1人あたり86,000円

1名で利用 4席シートまたは3席シート

1名で利用 4席シートまたは3席シート画像

1名で利用する例ですが、これを申し込む人はいないのではないかと思います。

最低でも往復12万近くかかりますので、エコノミー運賃に加えると往復20万円前後になります。

これならビジネスクラス航空券とあまり差がないので、機内食やラウンジ利用、優先搭乗などを考えるとビジネスのほうがお得です。

ハイシーズンの価格で往復するとファーストクラスより高くなる場合もあります。

片道だけ眠りたいので追加という選択はあるかもしれません。

ただ、カウチシート利用者は小さな子供が多くなりますので眠れる環境ではない可能性があります。

1名ANAカウチ料金(3席利用)

ローシーズン 59,000円

ハイシーズン 92,000円

1名ANAカウチ料金(4席利用)

ローシーズン 169,000円

ハイシーズン 252,000円

多目的ルーム

多目的ルーム画像

カウチシート専用ではありませんが、ANAカウチの後方すぐに「多目的ルーム」があります。

内部にシンク、ベンチシート、着替え台、おむつ交換台があります。

着替え・パウダールーム・授乳などに利用できるので小さな子供連れのママに便利な設備です。

カウチシートの場合、座席から近いのがいいですね。

特典航空券でANAカウチ

特典航空券でANAカウチ画像

特典航空券でもANAカウチは追加可能です。

ただしマイルを利用してANAカウチを追加はできません。

あくまで特典航空券で予約したエコノミークラスに別料金を支払ってカウチシートを予約するといった方法です。

特典航空券でのANAカウチ利用例

片道エコノミーにANAカウチ、片道ビジネスクラスといった取り方でマイルを節約するという方法もあります。

往復エコノミーで深夜便の成田からの往路のみANAカウチ追加といった方法もいいですね。

ちなみに飛行時間は行きが6-7時間、帰りが8-9時間です。

ANA A380 プレミアムエコノミー

プレミアムエコノミークラス

プレミアムエコノミークラス画像

A380は超大型機だけに、プレミアムエコノミーも73席もあります。

ANA A380 プレエコ シートマップ

ANA A380 プレエコ シートマップ画像

プレエコの場所は、アッパーデッキ(2階席)の最後方。

ファーストクラス、ビジネスクラスの後ろで2階では一番身分が低い感じです。

ただ1階席はオールエコノミーですので、2階という時点でアッパークラスの仲間入りでしょうか?

新プレミアムエコノミーシート

新プレミアムエコノミーシート画像

新しいファブリックのグレー基調の新シートです。

ひと昔前、もしくは短距離路線のビジネスクラスシートと同じレベルですね。

38インチ(約97センチ)のシートピッチです。

15.6インチ巨大モニター

15.6インチ巨大モニター画像

画期的な大きさのプレエコのタッチパネル式パーソナルモニターです。

これは映画を見るのが迫力がありますね。

ただし最前列は11.6インチなので注意が必要です。

回転する大型テーブル

回転する大型テーブル画像

これもライフラットのビジネスクラスシート並みの設備です。

約90度に回転するので機内食を乗せたままトイレに行く際に通路へ出られます。

フットレスト・レッグレスト

フットレスト・レッグレスト画像

フットレストとレッグレストが付いています。

その横にPC電源とUSBポートがあります。

ちなみにANAのA380は、エコノミークラスにもPC電源、USBポートは付いています。

全席電源ありです。

ヘッドレスト

ヘッドレスト画像

これもライフラットのビジネスクラスシートと同じような感じです。

手で動かします。

6方向に調整可能です。

小物入れ

小物入れ画像

スマホを入れたりできる小物入れがあります。

ちょっとしたときに役立ちますね。

ただし忘れ物には注意です。

プレエコ特典航空券 予約開始

プレエコ特典航空券 予約開始画像

以前は無かったANA特典航空券でのプレミアムエコノミー予約ができるようになりました。

これでハワイ線のA380のプレエコも特典航空券で乗れます。

ハワイ線の必要マイル数が微妙

ハワイ線の必要マイル数が微妙画像

ただ、プレエコが予約できるようになったのはいいのですが、マイル数の設定がよくありません。

エコノミーとプレエコの差 18,000マイル

プレエコとビジネスの差 7,000マイル

これなら、あと7,000マイル出してビジネスクラスに乗ったほうが断然お得です。

問題はビジネスの特典航空券は激戦すぎて取れないことです。

プレエコはビジネスよりは少しマシなようです。

(激戦には変わりない)

ANAプレエコ無料アップグレード終了

ANA「ダイヤモンドサービス」「プラチナサービス」メンバー、スーパーフライヤーズ会員向けの「プレミアムエコノミーへのご変更」サービスが2019年9月30日ご搭乗分(日本時間)で終了です。

チェックイン時に空席がある場合は、対象運賃以外で搭乗の場合でも、追加料金なくANA国際線「プレミアムエコノミー」を利用できるサービスでした。

これがA380の席数の多いプレエコへのアップグレードで発揮するはずの人もいたと思いますが残念でした。

ホノルル線プレミアムエコノミー専用機内食メニュー

ホノルル線プレミアムエコノミー専用機内食メニュー画像

ホノルル線のプレエコには、エコノミーと違う「食器にもこだわったワンランク上のメニュー」が提供されます。

和食の用意もあります。

プレエコ用寝具

プレエコ用寝具画像

他の路線のビジネスクラス並みの枕、毛布、スリッパなどが提供されます。

ビジネスクラスには更にゴージャスな「丸八プロダクトの羽毛コンフォーター」を提供。

プレエコ用アメニティ

プレエコ用アメニティ画像

FLYING HONUデザインのエコバックがもらえます。

ビーチやプールでも使えるポーチも付いています。

ANA A380 デメリット・注意点

エコノミーは地獄?

繁忙期はエコノミークラスは搭乗の際に地獄のような長蛇の列が予想されます。

他社A380で何度も目にしています。

エコノミートイレ争奪

A380のエコノミーは収容人数に比べてトイレの数が少ないので、従来機より順番待ちが長くなることが予想されます。

シートマップを見るとANAカウチの後方にトイレが3つもあります。

トイレに近いカウチが便利です。

ハワイ入国審査が激混み

エコノミー後方のカウチシートは降機が最後になります。

入国審査でかなり待たなければならないのが苦痛です。

子供連れで長時間はつらいと思いますが、これはガマンするしかありません。

ESTA(エスタ)の自動入国審査機への列も激混みが予想されます。

覚悟して搭乗しましょう。

預け荷物が出てくるのが遅い

これも運が悪ければエコノミーの場合はかなり時間がかかります。

プレエコはエコノミーより優先して荷物が出てきます。

スターアライアンス専用の優先手荷物タグ(プライオリティタグ)が付けられるので早く出てきます。

ANAハワイ線A380予約の参考に

ANAハワイ線A380予約の参考に画像

エコノミー、ANAカウチ、プレエコを検討している人は、上記の内容を踏まえて予約の際はよく考えてみてください。

A380には新ビジネスクラスシートの導入と新ファーストクラスの設定もあります。

アッパークラスの内容は下記のページをご覧ください。

航空会社・空港・ラウンジ 関連する記事

スポンサー リンク

ページの先頭へ