関空 夜明かし 仮眠施設 画像

関西空港で寝る 夜明かしできる無料の仮眠施設 休憩室

LCCで早朝便や深夜便も多数就航した関空。仮眠施設も新たに開設されています。実際に夜明かしした際に取材した仮眠できる場所を紹介します。

GoToトラベルキャンペーンがおすすめ 東京都民は更に補助がでます!「もっと東京(Tokyo)」GoTo割引併用でお得にホテルステイ

関西国際空港 仮眠できる施設 一覧

Contents

関西空港 仮眠エリア一覧

関空は2つのターミナルと商業ビルがある

関空は2つのターミナルと商業ビルがある画像

現在、関西空港には開港からある第1ターミナル。

後から建設されたLCC専用第2ターミナル。

日航ホテルなどが入居する「エアロプラザ」の3つのビルがあります。

夜明かし、仮眠にオススメは「エアロプラザ」です。

エアロプラザ

エアロプラザの場所

エアロプラザの場所画像

エアロプラザはJRと南海電車を降りて改札から出たら第1ターミナルと逆側に進むと到着します。

ここも開港以来あります。

「ホテル日航関西空港」の案内を目印にしてもOKです。

エアロプラザ休憩室 仮眠エリア

エアロプラザ2F休憩室(夜間のみ)

エアロプラザ2F休憩室(夜間のみ)画像

無料 開放時間 18:00-翌朝9:00

無料で寝るならこちらが第一選択肢となります。

日中は閉鎖されるようになったので到着後にひと眠りなどに利用できません。

通常は夜明かしなので問題ないと思います。

有料のコインシャワーも併設されており、まさに夜明かし施設となっています。

エアロプラザ2F休憩室 場所・マップ

エアロプラザ2F休憩室 場所・マップ画像

仮眠向けの休憩室の場所です。

写真の「現在位置」というのが、関西空港駅から繋がった橋を渡ってエアロプラザに入ったすぐの場所です。

ここはすでに2階なのでこのまま奥へ進むと左手にあります。

バーガーキングの向かい

バーガーキングの向かい画像

24時間営業のバーガーキングがある向かい側になっています。

休憩室エントランス

休憩室エントランス画像

エントランスです。

開放時間は両方扉があいているかと思います。

カートの持ち込みは禁止です。

昼間は利用不可

昼間は利用不可画像

こちらは閉鎖後の様子です。

朝9時~夕方6時までは閉鎖されるようになりました。

この日は海外旅行から帰国、到着後少し休憩しようかなと思ったのですが、クローズになっており残念でした。

休憩室内部の様子

休憩室内部の様子画像

内部の様子です。

奥にも出入り口があり、トイレや喫煙所へ行けます。

床も綺麗に清掃されているので夜間混雑時は床で寝る海外旅行者もいます。

毛布の貸出もある(無料)

毛布の貸出もある(無料)画像

毛布の貸出 23:00-翌朝6:00

入室したすぐの場所です。

スタッフがおり無料の毛布貸出があります。

関空の各言語のパンフレットなども置いてあります。

スタッフの後ろ側にシャワールームがあります。

長椅子

長椅子画像

座席の大半を占めるのがこちらの長いすタイプです。

フルフラットで眠れる

フルフラットで眠れる画像

早い者勝ちですが、横になって寝られるのがいいですね。

身長の高い人でも充分な長さがあります。

横幅は制限がありそうですが。

スクエアソファー

スクエアソファー画像

窓側には正方形のソファーがいくつかあります。

こちらはさらに激戦となりますが、ゆったり眠れる小型ベッドとして利用できます。

数少ないソファー

数少ないソファー画像

壁側に等間隔で置かれています。

大人はくの字になって寝るイメージです。

電源コーナー

電源コーナー画像

無料の充電できる電源もあります。

スクエアソファーと同じ壁側にいくつかあります。

もちろん関空の無料Wi-Fiも利用できます。

この隣のソファー席は特等席で寝ころびながら充電してスマホやPC、タブレットでインターネットができます。

USBソケットとAC電源

USBソケットとAC電源画像

電源には直接USBで充電できるソケットがあります。

ただ、少し老朽化しており、この時は反応しないソケットがいくつかありました。

AC電源のコンセントもあります。

トイレ

トイレ画像

休憩室の裏口から出るとトイレがあります。

ウォシュレット付きの快適なトイレです。

喫煙所

喫煙所画像

今のご時世、タイのように空港全面禁煙化などが進んでいますが、日本はまだまだ喫煙者に優しいようです。

喫煙室も裏口から出たトイレの手前にあります。

無料で夜明かし・寝るならココ1択

無料で夜明かし・寝るならココ1択画像

よほど満員でない限り、無料で関空で夜明かしをするならこの休憩所です。

シャワールームと隣接ですし、スタッフもおり毛布貸出もあります。

外に出れば向かいにバーガーキングとコンビニローソンが24時間営業。

裏口から出ればトイレと喫煙所があります。

まさに至れり尽くせりですね。

シャワールームにはコインロッカーもあります。

ただ雑魚寝になるので女性の方はシャワールームの後に紹介する、いくつかの有料施設がおすすめです。

エアロプラザ シャワールーム

有料シャワー

有料シャワー画像

エアロプラザ2階 休憩室(仮眠エリア)と隣接している有料のシャワールーム入り口を入った場所です。

休憩室から直接移動できます。

独立した入り口もあります。

24時間利用可能

24時間利用可能画像

独立した入り口はエスカレーター手前にあります。

こちらは24時間開放されており利用可能です。

コインロッカーも24時間利用できます。

コインロッカー

コインロッカー画像

コインロッカーとスクエア型ソファーがあります。

3時間200円と300円

3時間200円と300円画像

コインロッカーは大きなスーツケースが入る大型と中型があります。

下段の大型が3時間300円。

上段の中型が3時間200円です。

エアロプラザ2階入り口横にもコインロッカーがあります。

また、第1ターミナル内一般エリアにもコインロッカーがあります。

使い捨てタオル販売

使い捨てタオル販売画像

タオルは、使い捨てのものが200円で購入できます。

自動販売機が設置されています。

隣にドリンクの販売機もあります。

両替機もあり、さすが日本の空港といった感じです。

※海外の空港はシャワールームはあってもタオルの用意がないところも多いです。

シャワーブース

シャワーブース画像

シャワールームのブースは5つあります。

ドライヤーレンタル

ドライヤーレンタル画像

ヘアドライヤーのレンタルもあります。

脱衣所

脱衣所画像

シャワーブースの手前に脱衣所があります。

これは体をふくときに便利ですね。

簡易シャワー

簡易シャワー画像

シャワー自体は簡易シャワーといった感じです。

15分500円

15分500円画像

シャワーは15分で500円です。

100円硬貨が5枚必要です。

先ほどのタオル販売機の横の両替機が利用できます。

アメニティ

アメニティ画像

リンスインシャンプーとボディーソープが置いてあります。

スポンサー リンク

エアロプラザ 有料ラウンジ

REFRESH SQUARE(リフレッシュスクエア)

REFRESH SQUARE(リフレッシュスクエア)画像

有料 24時間営業

格安で快適に眠れる有料ラウンジです。

シャワールームはありませんが、すぐ裏手に先ほど紹介した有料シャワーコーナーがあります。

REFRESH SQUARE(リフレッシュスクエア)場所

REFRESH SQUARE(リフレッシュスクエア)場所画像

REFRESH SQUAREは、エアロプラザ2階入り口から入った左手。

第2ターミナルへ移動するバス乗り場方面の案内入ったすぐ右手にあります。

REFRESH SQUARE(リフレッシュスクエア)場所・マップ

REFRESH SQUARE(リフレッシュスクエア)場所・マップ画像

こちらの203番がREFRESH SQUAREの場所です。

入り口を入ればすぐに分かると思います。

REFRESH SQUARE エントランス

REFRESH SQUARE エントランス画像

REFRESH SQUAREの外観と入り口です。

以前は写真の右手のリラクゼーションマッサージエリアがありましたが、2019年3月31日で営業終了しています。

REFRESH SQUARE(リフレッシュスクエア)料金

REFRESH SQUARE(リフレッシュスクエア)料金画像

KIX-ITMカード(当日無料発行可能)提示で半額になります。()内の価格

4時間まで30分毎に260円(130円)

4時間以降30分毎に150円(75円)

1時間 520円(260円)

2時間 1,040円(520円)

3時間 1,560円(780円)

4時間 2,080円(1,040円)

5時間 2,380円(1,190円)

6時間 2,680円(1,340円)

7時間 2,980円(1,490円)

8時間 3,280円(1,640円)

ブースが少なくすぐに満室に

ブースが少なくすぐに満室に画像

ここはKIX-ITMカード提示で8時間1,640円で快適に眠れる穴場ですが、ブース数15と下記の通り少なく、激戦区となっています。

早い者勝ちですので頑張ってください。

外出可能で貴重品ロッカーもあるので早めに確保がおすすめです。

個人ブース リラックスチェア 7ブース

個人ブース フラットスペース 6ブース

グループルーム 2ルーム(2名以上から)

個人ブース リラックスチェア

個人ブース リラックスチェア画像

ネットカフェにあるようなチェアです。

PCはありません。

全7ブースあります。

個人ブース フラットスペース

個人ブース フラットスペース画像

完全フラット。

クッション性もありベッドのように横になって眠れます。

枕などはありません。

1番人気ですぐ満席となります。

全6ブースです。

グループルーム

グループルーム画像

2名以上で利用できる広めのフラットルームです。

クッションもあり快適です。

3歳以上中学生未満は大人の半額です。

3歳未満は無料です。

カップルや家族、女子旅の友達同士などにおすすめです。

ソフトドリンク飲み放題

ソフトドリンク飲み放題画像

安いにもかかわらず、ソフトドリンクも飲み放題です。

種類も豊富で満足度が高いですね。

日中でもターミナル2利用ならクレジットカードの比叡ラウンジを利用するより、1時間割引価格で260円払ってこちらを利用したほうが快適ですね。

貴重品BOX

貴重品BOX画像

貴重日入れもあります。

トイレやシャワーがないのでBOXに預けます。

ということで外出が可能です。

小さいモニターにフライトインフォメーションも表示されています。

格安で快適 コスパ最高

格安で快適 コスパ最高画像

各種クレジットカード決済や電子マネーも利用可です。

休憩室での仮眠よりプライバシーが保たれるこちらは女性におすすめです。

コスパも最高です。

REFRESH SQUARE(リフレッシュスクエア)注意点・デメリット

REFRESH SQUARE(リフレッシュスクエア)注意点・デメリット画像

デメリットは夜はすぐに満室になることです。

予約できないのもデメリットです。

早めに確保しましょう。

目安は日によりますが18-19時頃に行けば空いている確率が上がります。

ホテルと違い個室ではないので、運が悪ければ隣の人のいびきなどが気になる場合もあります。

お金の余裕がある人は、この後紹介する「ファーストキャビン」、更にはホテルでの前泊がもちろん無難です。

スポンサー リンク

エアロプラザ カプセルホテル的 簡易宿泊キャビン

ファーストキャビン関西空港

ファーストキャビン関西空港画像

有料 24時間営業

カプセルホテルのような簡易宿泊施設。

キャビンタイプなのでカプセルホテルよりは快適です。

利用は13歳以上のみです。

女性専用のキャビンもあります。

ファーストキャビン関西空港 場所・マップ

ファーストキャビン関西空港 場所・マップ画像

ファーストキャビン関空の場所は、エアロプラザ3階です。

3階の一番奥ですので、分かりやすいと思います。

途中に松屋(24時間営業)、その他レストランがいくつかあるので食事にも困りません。

ファーストキャビン関西空港 宿泊

ファーストキャビン関西空港 宿泊画像

宿泊 チェックイン 19:00 / チェックアウト 10:00

キャビンには2タイプあり、ビジネスクラスキャビンとファーストクラスキャビンという名称になっています。

宿泊料金は下記の通りです。

ビジネスクラス 5,371-6,204円

ファーストクラス 6,667-7,130円

宿泊はあらかじめ予約できるのが最大のメリットです。

ファーストキャビン関西空港 ショートステイ(デイユース)

ファーストキャビン関西空港 ショートステイ(デイユース)画像

ビジネスクラス 900/1時間

ファーストクラス 1,000/1時間

ショートステイは2時間から利用できます。

午前10時から12時までは清掃のため大浴場は利用不可。

午後7時から翌午前10時までは、宿泊の利用優先。

2時間で200円しか違わないなら、空いてる限り広いファーストクラスキャビンがお得ですね。

女性にはファーストキャビンがおすすめ

女性にはファーストキャビンがおすすめ画像

休憩室のシャワーに比べると、大浴場や個室シャワーブースもこちらのほうが格段に快適です。

女性専用フロアもあり、アメニティやドライヤー類も充実しているので、女性の仮眠はやはりファーストキャビンがおすすめです。

大浴場もあるのが魅力

大浴場もあるのが魅力画像

大きなお風呂に入れるのは日本人ならうれしいですね。

衛生面で気になる方は、シャワーブースもあるので、そちらだけ利用も可能です。

仮眠後のシャワー・お風呂利用だけでもOK

仮眠後のシャワー・お風呂利用だけでもOK画像

宿泊はホテルよりは安いですが、空港直結ということもありカプセルホテルの快適版だとしても、少し高めの値段です。

無料の仮眠エリアを利用して朝に大浴場やシャワーだけショートステイで利用するという選択肢もあります。

ただし宿泊者優先の時間帯は、満員なら利用できません。

確約ではないので注意が必要です。

ファーストキャビンのデメリット

ファーストキャビンのデメリット画像

カプセルホテルのような簡易宿泊施設なので、部屋に鍵がない。

壁がないので周りのイビキなどの音が聞こえる。

目覚ましやモーニングコールが利用できないのでスタッフが小声で起きる必要がある。

ホテル日航関西空港や関空周辺の空港ホテルよりは安いが、簡易施設にしては高い。

スポンサー リンク

エアロプラザ 24時間営業レストラン・ショップ

24時間営業店舗が多く夜明かしに最適

24時間営業店舗が多く夜明かしに最適画像

仮眠や夜明かしに最適なエアロプラザには、24時間営業のレストランやコンビニがあります。

ローソン2店舗

ローソン2店舗画像

まず24時間営業のコンビニエンスストアがあるのが心強いですね。

エアロプラザには2つもローソンがあります。

仮眠できる休憩室の向かい、バーガーキングの隣にあり弁rにです。

この店舗にお目当ての品が売り切れの場合は一つ下の1階にもローソンがあるのでそちらも見てください。

バーガーキング関空エアロプラザ店

バーガーキング関空エアロプラザ店画像

バーガーキングがあるのもいいですね。

24時間営業で、朝にはモーニングメニューもありますよ。

喫煙席もあるようです。

松屋 関西空港店

松屋 関西空港店画像

3階には牛丼などが食べられる「松屋」が24時間営業であります。

他にも遅くまでやっている「和風レストラン 杏」23時まで、などもあります。

スポンサー リンク

関空第1ターミナル 有料ラウンジ

KIXエアポートラウンジ

KIXエアポートラウンジ画像

ネットカフェ形式の有料ラウンジです。

世界の空港でも珍しい施設です。

漫画(コミック)、雑誌が読めます。

PCでインターネットも可能です。(座席による)

ソフトドリンクが飲み放題です。

夜明かしの暇つぶしには最適です。

仮眠は限られた座席でできますが、フラットでは眠れません。

KIXエアポートラウンジ 場所・マップ

KIXエアポートラウンジ 場所・マップ画像

国内線の出発口がある、第1ターミナル2階。

北出発口手前にあります。

マクドナルドやローソン(両方24時間営業)の近くです。

KIXエアポートラウンジ 料金

KIXエアポートラウンジ 料金画像

KIX-ITMカード(当日無料発行可能)提示で基本料金のみ半額になります。()内の価格

ブース席/グループルーム 基本料金(30分利用込み)410円(205円)以降10分毎120円

オープン席 基本料金(30分利用込み)310円(1555円)以降10分毎100円

お得なパック料金もあり(3時間まで、6時間まで、9時間まで)

JCBゴールド以上(ANA JCB GOLD含む)または、楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード・楽天ブラックカードを持っていると2時間無料で利用できるのでお得です。

KIXエアポートラウンジ シャワー

KIXエアポートラウンジ シャワー画像

KIXエアポートラウンジには有料のシャワールームもあります。

シャワーのみの利用は510円

ラウンジ利用の場合は追加シャワー料金が310円です。

お湯は15分利用できます。

タオルは有料で販売しています。

シャンプー、リンス、ボディソープは無料です。

パウダールーム、コインロッカーが利用できます。

仮眠できるブースは限定的

仮眠できるブースは限定的画像

仮眠するならブースのマッサージチェアかリクライニングシートくらいでしょうか?

デスクチェアのブースや、オープン席での仮眠はきつそうです。

グループルームも寝そべるにはあまりスペースがありません。

夜間の暇つぶしには最適の空港ネットカフェ

夜間の暇つぶしには最適の空港ネットカフェ画像

マンガや雑誌が読み放題。

PCコーナーもありインターネットなどで時間をつぶすには持って来いの施設です。

仮眠より、楽しんで夜明しする人には最適ですね。

第1ターミナル 一般エリアのベンチ

第1ターミナル 一般エリアのベンチ画像

第1ターミナルの一般エリアにはいくつか寝そべることができる長イスがあります。

こちらでも夜中仮眠できます。

スーツケースなどの荷物に注意して仮眠してください。

毛布は先ほど紹介したエアロプラザで借りられますが返却が必要なのでエアロプラザで仮眠したほうがよさそうです。

関空第2ターミナル 仮眠エリア

関空ターミナル2 仮眠

関空ターミナル2 仮眠画像

ピーチが主に利用しているLCCターミナルです。

はっきり言って仮眠には向いていません。

長椅子はありますが、早朝になれば乗客が押し寄せうるさくて仮眠どころではないでしょう。

素直にエアロプラザで仮眠するのがよさそうです。

関空の前泊・後泊にお勧めの空港ホテル

無料空港送迎バス付のホテル

無料空港送迎バス付のホテル画像

これまで早朝便への前泊や深夜便での朝までの時間を過ごす仮眠について紹介してきました。

空港で仮眠もいいのですが、関空橋を渡った泉佐野にリーズナブルに宿泊できるホテルがいくつもあります。

ファーストキャビンに泊まるなら前泊、後泊で空港ホテルに泊まるのがやはりゆったりできてオススメです。

関空温泉ホテルガーデンパレス

関空温泉ホテルガーデンパレス画像

コンシェルジュのイチオシは、「関空温泉ホテルガーデンパレス」です。

1人1泊1万円前後しますが、やはり天然温泉に入れるのは最大の魅力です。

旅行中、駐車場が利用できるプランもありますよ。

温泉好きなら旅行前にゆったり日頃の疲れを癒してから出発はいかがでしょうか?

もしくは海外旅行から帰国後に疲れを癒し、翌日和朝食のバイキングで日本の味を楽しむというのもいいと思います。

スポンサー リンク

関空ラウンジ(航空会社ラウンジ)

関空ラウンジ(カードラウンジ)


スポンサー リンク

ページの先頭へ

最も手数料が安いお得な両替術