海外旅行の外貨両替は現地ATMがお得 画像

少額で必要な分だけ 最も手数料が安いお得な両替術を教えます

コンシェルジュがオススメするお得な外貨両替の方法。何ヵ国も旅行する人や出張・リピーターにおすすめ。

空港や現地の両替所よりお得な両替方法とは?(詳しい説明編)

海外旅行 初心者

初めての海外旅行の時は成田空港の両替所で両替していったよ。
日本での両替はかなり高い手数料を払わされておるぞ。
現地だと言葉も通じないし不安だよ。
この方法なら英語が話せなくてもお得に両替できるぞ。

空港の両替所・銀行

日本の空港にある両替所画像

海外旅行初心者は、日本の空港にある両替所(銀行やトラベレックス)で外貨に両替しますよね?

これ、実はぼったくりに近い手数料で、かなり損なレートで両替させられています。





海外旅行に慣れてきた中級者・リピーター

慣れてきたら現地のレートのいい両替所で両替してるよ。
気になるのは両替所の営業時間、混雑度じゃな。
人気店は並ぶのが嫌だね。日曜休み店舗もあって不便だよ。パスポートのコピーとかも必要だし。
この方法なら24時間お得に滞在場所で両替できるぞ。パスポートも必要なし。

現地両替所は日本よりお得

海外の空港にある両替所画像

中級者(海外旅行リピーター)

現地に両替所がある国(タイ・韓国など)ではそちらがレートも有利なので現地現金両替をしている人が多いです。

現地空港はレートが悪いけど、街中心部はレートが良いのでコンシェルジュも今までは基本こちらでした。





海外ATMで現金引き出し

国際キャッシュカードやデビットカード、クレカで現地のATMから現金を引き出しするよ。
この方法が一番便利じゃな。だが、ほとんどのカードは両替所より手数料が高くなっているぞ。
日本に帰ってから明細を見たら、現地で現金両替よりもすごく高いんだよね。
これから説明する手数料がかからないカードを持てば、ATMから財布代わりに利用できるぞ。
少額から何度でも、ほとんど手数料なしで24時間引き出し可能なんじゃ。

現地ATMで現地通貨を引き出す

現地ATMで現地通貨を引き出す画像

上級者(情報収集が得意な人)

日本の銀行の国際キャッシュカードで直接「円口座」から外貨換算して引き出し。

クレジットカードの海外キャッシングで引き出し。

試された人も多いかと思います。

しかし帰国後の引き落とし額が現金両替のほうが良かったという声が多数です。





海外ATM どのカードが一番お得?

カードによって請求額がかなり違うのはナゼ?
海外ATMを利用時に3種類の手数料あり、これが3つとも請求されるカードは、かなりレートが悪くなるんじゃ。
知らない間に手数料がたくさん追加されているんだね(-.-)
下の一覧表を見てほしい。Ⓐ,Ⓑ,Ⓒ 3つの項目すべてが青のカードが手数料を格段に抑えられるカードじゃ。
特にⒶの繰り上げ返済が簡単にできるかが重要じゃ。海外滞在中にPCやスマホでネット経由に繰り上げ返済できるというのがポイントじゃよ。
青字 - メリット ピンク字 - デメリット
カード会社 Ⓐ金利
繰り上げ返済
ⒷATMオーナー手数料 Ⓒカード会社ATM利用料
セディナ ネット可 3日後から 請求なし なし
ACマスター ネット可 即日 請求なし なし
エポス ネット可 最短翌日 要リボ変更 請求なし 110円-220円
セゾン・UC 帰国後 セゾンATM 請求なし 110円-220円
楽天カード 要電話 銀行振込 請求なし 110円-220円
イオンカード 帰国後 イオンATM 請求なし 110円-220円
オリコ 要電話 銀行振込 請求なし 110円-220円
三井住友カード 帰国後 ATM 請求なし 110円-220円
ニコス・DC 要電話 銀行振込 請求なし 110円-220円
MUFGカード 要電話 銀行振込 請求なし なし
JCBカード 要電話 銀行振込 請求なし なし
ジャックス 要電話 銀行振込 ※確定が遅い 請求なし なし
アプラス 要電話 銀行振込 ※確定が遅い 請求なし なし
航空系クレジットカード
ANA VISA/master 帰国後 ATM 請求なし 110円-220円
ANA JCB 要電話 銀行振込 請求なし なし
ANA アメックス キャッシングサービス終了(海外・国内)
ANA ダイナース 要電話 銀行振込 請求なし 110円-220円
JALカード VISA/master/AMEX 要電話 銀行振込 請求なし 110円-220円
JALカード JCB 要電話 銀行振込 請求なし なし
JAL ダイナース 要電話 銀行振込 請求なし 110円-220円
キャッシュカード・デビットカード・プリペイドカード
国際キャッシュカード 即時決済 取られる カードによる
VISAデビットカード 即時決済 取られる カードによる
VISAプリペイドカード 即時決済 取られる カードによる




Ⓑ ATMオーナー手数料って何?

新生銀行とか国際キャッシュカードはお得じゃないの?
国際キャッシュカード、デビットカード、プリペイドカードは国によっては現地ATMオーナー手数料(約200-800円/回)が取られるのじゃ。 クレカのキャッシングはこれが基本請求されないんじゃよ。
手数料が1回800円も取られたら財布代わりにはとてもムリだよ(-.-)
有名なのはタイで1回220バーツ(800円前後)ハワイでも1回2.5-3.5ドル(300円前後)じゃよ。

※中国など現状無料の国もあり。

現状は無料の国も最近はATMオーナー手数料を導入する動きがあるぞ。台湾も無料から1回100元(約350円)になっておる。




Ⓒ カード会社ATM利用料って何?

とにかくクレカのほうがいいんだね?よくブログでエポスカードがいいって書いてあるけど?
エポスの欠点はATM利用1回あたりカード会社が1万円以下:110円/回、1万円超:220円/回の利用料を追加して請求されるのことじゃ。
手数料が毎回取られたら、財布代わりにはやっぱりムリだよ(-.-)

※エポスカード、楽天カード、イオンカード、セゾンカード、三井住友カードなども手数料を取られる。

そうじゃ、上の表でⒸがなしのカード会社から選ぶのじゃ。


海外ATMで2,000円分引き出した場合いくら請求されるか?

※ 下記の表は概算 クレカの両替レートは同一として計算
カード会社 利息/手数料 電話代 振込手数料 ATM手数料 合計
2,000円相当の現地通貨を引き出し 帰国後10日で返済した場合
セディナ 9 0 0 0 2,009円
ACマスター 9 0 0 0 2,009円
エポス 9 0 0 110 2,119円
楽天カード他 9 100 176 110 2,395円
JCB 9 100 176 0 2,285円
キャッシュカード・デビットカード・プリペイドカード・両替所
VISAデビット等 80 0 0 410 2,490円
日本の空港両替所 50 0 0 0 2,050円
※現地ATMオーナー手数料300円の場合 ※デビット等の為替手数料は4%で計算 ※空港の為替手数料は2.5%で計算




最後に重要なのはクレカのキャッシングは金利がかかるので、海外滞在中でもすぐに返済できるという点じゃな。




Ⓐ金額が大きくなると繰り上げ返済が重要

※ 下記の表は概算 クレカの両替レートは同一として計算
カード会社 2,000円を1回 2,000円を5回 10,000円を1回 50,000円を1回
3日後に海外から繰り上げ返済した場合
セディナ 2,003円 10,015円 10,015円 50,075円
ACマスター 2,003円 10,015円 10,015円 50,075円
エポス 2,113円 10,565円 10,125円 50,295円
30日後 自動引き落としで支払いの場合
楽天カード他 2,137円 10,685円 10,245円 50,895円
キャッシュカード・デビットカード・プリペイドカード・両替所
VISAデビット等 2,490円 12,450円 10,810円 54,570円
日本の空港両替所 2,050円 - 10,250円 51,250円
※現地ATMオーナー手数料300円の場合 ※デビット等の為替手数料は4%で計算 ※空港の為替手数料は2.5%で計算




セディナ、ACマスターのどちらかを持って海外旅行へ行けばATMを財布代わりに利用できるんだね。
紛失などのリスクを考えると2枚持っておいたほうが安心じゃぞ。
マイルやポイントは貯まらないんだよね。(クレカのキャッシングはどのカード会社もポイント対象外)
大きな金額はメインのクレカ決済でポイントを貯める。セディナ、ACマスターは海外ATM現金引き出し専用にするのが達人の両替術じゃよ。

結論 便利でお得なカードは「セディナ」「ACマスター」の2択

セディナカードJiyu!da!(年会費無料)

セディナカードJiyu!da!画像

年会費無料

2種類のデザイン(ハローキティあり)

現地からネット(スマホ・PC)で繰り上げ返済が可能
(金利がほとんどかからない)

現地ATMオーナー手数料が無料

 ※現地ATM操作画面では請求案内が出るが返済の際には取り消されている。

 ※タイの場合は「ATM POOL」マークあるATMなら手数料220バーツはかからない。

カード会社の海外ATM利用手数料が無料

海外ショッピング利用でポイント3倍(還元率1.5%)


アコムACマスターカード

アコムACマスターカード画像

年会費無料

発効までの日数が短い

現地からネット(スマホ・PC)で繰り上げ返済が可能
(金利がほとんどかからない ※ペイジーでゆうちょ銀行・みずほ銀行経由は利用不可)

現地ATMオーナー手数料が無料

 ※現地ATM操作画面では請求案内が出るが返済の際には取り消されている。

 ※タイの場合は「ATM POOL」マークあるATMなら手数料220バーツはかからない。

カード会社の海外ATM利用手数料が無料

世界各国でご利用可能なMastercardなのでお店にMastercardのマークがあれば、現金引き出し以外にも、クレジットカードの利用が可能

※この記事で紹介するクレジットカード及び他のカードのサービス内容・金利・手数料等は変更される可能性があります。入会後に変更された場合でも弊社では責任を負えません。

ページの先頭へ