アシアナ航空 B777-200ER シート画像

OZ736 ホーチミン-ソウル(仁川)アシアナ航空 ビジネスクラス搭乗記

2013年2月 SGN-ICN OZ736便 ビジネスクラス搭乗記 アシアナ航空 往路OZ735 アッパークラス通算53路線目 ラウンジ、機内食、シートなど旅行記・ブログ

ホーチミン-ソウル アシアナ航空ビジネスクラス

ホーチミン タクシー

ホーチミン タクシー画像

大阪伊丹空港から東京羽田、香港、マカオからバンコク、更にホーチミンへ。

帰りはソウル経由で関西空港へ戻る旅程のSGN-ICN区間のレポートです。

ベトナムのホーチミンで滞在していたホテル、サービスアパートメントの「サマセット チャンセラー コート ホーチミン シティ」からタクシーでタンソンニャット空港へ向かいます。

バルーン

バルーン画像

空港までの道ですごいバイクを見かけました。

風船をびっくりするほど積んでいます。

ハンパじゃない量ですね。

出発フロア

出発フロア画像

タンソンニャット国際空港の出発フロアに到着しました。

活気あふれるベトナム

活気あふれるベトナム画像

ベトナムは若い人の人口が多く、いつも活気にあふれています。

なにやらテーブルがありオープンカフェでもあるんでしょうか?

バーガーキング

バーガーキング画像

なるほど、オープンな空間にバーガーキングがあったんですね。

大韓航空

大韓航空画像

早速ターミナルの中のチェックインカウンターへ向かいましょう。

こちらは大韓航空のカウンターです。

韓国はベトナム旅行が人気の旅行先となっています。

全日空

全日空画像

こちらはANAのカウンターです。

ホーチミンは観光だけでなく、ビジネス路線としても需要がある渡航先です。

アシアナ航空カウンター

アシアナ航空カウンター画像

アシアナ航空のチェックインカウンターです。

赤色のパネルがトラベルクラス(エコノミー)、青がビジネスです。

ビジネスクラス カウンター

ビジネスクラス カウンター画像

ビジネスのカウンターでチェックインします。

搭乗券

搭乗券画像

本日のボーディングパスです。

ラウンジインビテーションは別になっています。

ラウンジ案内

ラウンジ案内画像

セキュリティチェックと出国審査を終え、制限エリアに入りました。

さっそくラウンジを目指します。

タンソンニャット空港のラウンジは花や木の名前がついており、「ローズラウンジ」「アプリコットラウンジ」「バンブーラウンジ」「デイジーラウンジ」「オーキッドラウンジ」「ロータスラウンジ」の6つのラウンジがあります。

ローズCIPラウンジ

ローズCIPラウンジ画像

アシアナ航空の指定ラウンジ「ROSE CIP LOUNGE」です。

ライバルの大韓航空や日本のJALとANAといった呉越同舟のラウンジ。

※2016年4月より、JALの指定ラウンジはAPRICOT Loungeに変更となっています。

その他、エアチャイナ、カタール航空、エミレーツ航空、ユナイテッド航空の指定にもなっています。

プライオリティパスやクレジットカードのダイナースカードでも利用できた時期がありますが、両方のカードともに「オーキッドラウンジ」に変更となっています。

ラウンジ内部

ラウンジ内部画像

ローズラウンジの内部の様子です。

天井が高く、空間が広く感じます。

フルーツ

フルーツ画像

フード類が充実しているのがうれしいです。

フルーツやサンドイッチ。

スイカ

スイカ画像

果物はスイカが好きなのでいただきました。

南国は日本が冬でもスイカが食べられていいですね。

揚げ春巻き

揚げ春巻き画像

ベトナム料理の揚げ春巻きもあります。

ホーチミンなど南部では「チャーヨー」、ハノイなど北部では「ネムザン」などと呼ばれています。

タレ

タレ画像

つけるタレも、ベトナム風やケチャップなども用意されています。

ゆで卵

ゆで卵画像

ゆで卵と揚げ春巻きをいただきます。

サラダ

サラダ画像

サラダや練り物もあります。

この写真だけ見ると、屋台風のレストランみたいですね。

麺類

麺類画像

そして、ベトナムといえばフォーです。

ラーメンや御飯ものもありますよ。

フォー

フォー画像

もちろん、フォーをいただきます。

出汁を自分で入れ、香草やもやしを入れて本格的なフォーの完成です。

フォーガー

フォーガー画像

これは、鶏肉だったでしょうか?

フォーガーですね。

乾麺

乾麺画像

屋台とは違って、乾麺のフォーですが美味しいです。

ネギも入っていて日本人に合う味がベトナム料理のよいところです。

空港でこのレベルのフォーが食べられるのは大満足です。

スイーツ

スイーツ画像

これは、飲むタイプのスイーツでしょうか?

具だくさん

具だくさん画像

中には具がたくさん入っています。

ゲートへ

ゲートへ画像

搭乗時刻がせまってきたのでゲートへ向かいます。

9番ゲート

9番ゲート画像

本日の搭乗ゲートは9番ゲートです。

運命の分かれ道

運命の分かれ道画像

案内がないため、グランドスタッフによる誘導です。

ブリッジ

ブリッジ画像

ボーディングブリッジとドアのつなぎ目です。

新聞が置いてあります。

機体

機体画像

いつもの搭乗前の機体の写真です。

搭乗

搭乗画像

さあ、乗り込みましょう。

ビジネスクラスキャビン

ビジネスクラスキャビン画像

搭乗いたしました。

機内キャビンの様子です。

ボーイングB777-200ERですが、ファーストクラスの設定がある機材です。

座席

座席画像

本日の座席です、キャビンの最前列で隣りは空席、最高ですね。

シートはライフラットのベッドになります。

ビジネス・スマーティウムクラスというみたいでです。

最前列

最前列画像

最前列もモニターはシートから引き出すタイプではなく、前の壁に設置されています。

ウェルカムドリンク

ウェルカムドリンク画像

安全のしおりと、ウェルカムドリンクのシャンパンです。

離陸

離陸画像

離陸いたしました。

ホーチミン市内の夜景が見えます。

機内食

機内食画像

水平飛行に入ると機内食のサービスが始まります。

カプレーゼ

カプレーゼ画像

前菜のカプレーゼです。

モッツァレラチーズとトマトが美味しそうです。

サラダ

サラダ画像

カプレーゼにもかかわらず、サラダもついています。

ドレッシングはバルサミコソース。

パン

パン画像

ベトナムのフランスパンは、バインミーサンドイッチもそうですが、美味しいですよね?

メインディッシュ

メインディッシュ画像

メインは深夜便なのでお粥です。

海老やブロッコリーが入っており、美味しかったです。

チーズ

チーズ画像

続いてチーズとフルーツ、クラッカーです。

ポートワイン

ポートワイン画像

サンデマン トウニー ポート(SANDEMAN TAWNY PORT)をいただきます。

デザート

デザート画像

最後にデザートです。

すごい綺麗なデザートですね。

韓国上空

韓国上空画像

ホーチミンからソウルへは約5時間の飛行時間です。

シートをベッドにして眠ります。

目が覚めると既に韓国上空です。

夜景

夜景画像

まだソウルは早朝で、空港周辺は夜景が見えます。

インフォメーション

インフォメーション画像

モニターには到着ゲートやバゲージクレームの番号などが表示されています。

あらかじめ荷物の受け取りがどこか分かっていると便利です。

乗り継ぎ

乗り継ぎ画像

仁川空港から先のアシアナ航空の乗り継ぎ便ゲートの案内も出ています。

日本の東京行きはOZ102、OZ104と仙台行きのOZ152便、なかなかいいサービスですね。

着陸

着陸画像

ソウル仁川国際空港へ着陸いたしました。

JAL機

JAL機画像

JAL機がスポットに駐機していますね、どちらへ帰るのでしょうか?

タイ航空とキャセイ

タイ航空とキャセイ画像

キャセイパシフィック航空機とタイ国際航空機です。

スポット

スポット画像

スポットに到着いたしました。

ファーストクラス

ファーストクラス画像

ファーストクラスのキャビンとシートです。

1-2-1の配列が2列で8席の設定です。

ファーストクラスシート

ファーストクラスシート画像

かなり広いピッチです。

もちろんフルフラットのベッドになる仕様です。

アメリカやヨーロッパ線の長距離路線で発揮します。

韓国入国

韓国入国画像

大阪関空への乗り継ぎですが、まだまだ時間があるので一旦韓国へ入国します。

SPA ON AIR

SPA ON AIR画像

向かったのは仁川空港の地下にあるお馴染みの温泉施設「スパ オン エアー」です。

お風呂

お風呂画像

フライトの後、早朝に入るお風呂は気持ちがいいですね。

仮眠室

仮眠室画像

SPA ON AIRには、無料の仮眠室のほか有料(12,000韓国ウォン追加)でプライベートルームが利用できます。

ぐっすり眠れる上に日本円で1,000円前後と格安なので、乗り継ぎ時に仮眠したい人には、おすすめです。

以上でこのレポートは終了です。

お疲れ様でした。

同じ旅程の搭乗記・旅行記

航空会社・空港・ラウンジ 関連する記事


スポンサー リンク

ページの先頭へ