ANA エアバス A380 ビジネスクラス・ファーストクラス 画像

ANA エアバス A380 ハワイ線 ビジネスクラス・ファーストクラス

ANA エアバスA380 ビジネスクラスとファーストクラスの新シートとシートマップ 77Wとの比較。ハワイ ホノルル線の値段・運賃。特典航空券は予約できない?全日空初 海外空港の新ラウンジも。

ANA エアバス A380「FLYING HONU」

Contents

ANAのA380は2019年5月24日就航

ANAのA380は2019年5月24日就航画像

スカイマークの発注分の下取りやA380自体の生産終了などの話題はさておきまして。

いよいよ日本の航空会社にエアバス社の大型機A380が導入されます。

就航日は2019年5月24日です。

残念ながら空前絶後の10連休ゴールデンウイークの後です。

4クラスすべて新シート

4クラスすべて新シート画像

ANAのA380はファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスの4クラス制です。

すべてに新シートが導入されます。

それに加えエコノミーには、カウチシートと呼ばれる「ANA COUCHii」も導入で5つの新シートが登場します。

ANA エアバスA380 シートマップ 2階

ANA エアバスA380 シートマップ 2階画像

2階アッパーデッキはファーストクラスとビジネスクラスのアッパークラスに加え、プレミアムエコノミークラスの3クラスです。

ファーストクラスは、一般的な数で8席です。

・ファーストクラス 8席

・ビジネスクラス 56席

・プレミアムエコノミー 73席

ANA エアバスA380 シートマップ 1階

ANA エアバスA380 シートマップ 1階画像

1階はすべてエコノミークラスです。

最後方に今回の機材の目玉シート、フルフラットベッドのように利用できる「カウチシート」が搭載されています。

・エコノミークラス 383席

・内カウチシート「ANA COUCHii」60席(18区画)

ファーストクラス

ANA A380 ファーストクラスシート

ANA A380 ファーストクラスシート画像

ANAとしては今回のA380でホノルル線に初めてファーストクラスを設定します。

ANAのファーストクラスシートとしては久しぶりの新シートです。

現行のANAのファーストクラスはボーイングB777-300ERにのみ搭載されています。

下記がホノルル以外のファーストクラスの設定のある路線・区間です。

ANAファーストクラス設定のある路線・区間

ANAファーストクラス設定のある路線・区間画像

ハワイ

・成田(東京)-ホノルル A380

北米(成田発着)

・ロサンゼルス

・サンフランシスコ

・シカゴ

・ヒューストン

・ニューヨーク(JFK)

・ワシントンD.C.(ダレス)

北米(羽田発着)

・ロサンゼルス

・シカゴ

・ニューヨーク(JFK)

ヨーロッパ(羽田発着)

・ロンドン

・フランクフルト

【終了】・成田-シンガポール(2017年10月で設定なしに)

最大の違いはドアが付いている

最大の違いはドアが付いている画像

77W(B777-300ER)のファーストクラスシートとの唯一といっていいほどの違いは「ドアがあるか無いか」ということです。

カラーリングなどのデザインは変わっていますが、ドアのあるなし以外はほぼ同じですね。

ピッチも広いようです。

完全個室になりますが、77Wでも充分個室感はあります。

せっかくの最後のA380なのですから、新しいシンガポール航空のファーストやエティハド航空のアパートメントのような住居性のあるデザインと空間にチャレンジしてほしかったですね。

スクリーン大型化

スクリーン大型化画像

大型液晶ワイドスクリーンが更に大型になっています。

・A380 32インチ

・77W 23インチ

座席からの距離で体感の大きさは変わりますので、ピッチが広くなれば体感はあまり変わらないかもしれません。

中央席パーティション大型化

中央席パーティション大型化画像

中央席ですが、リゾート路線ということもありファーストもペアで乗る場合を想定してパーティションが顔の横まで開くようになっています。

個室フルフラットベッド

もちろんフルフラットのベッドになります。

ビジネスクラスでも最近はどの航空会社もフルフラットなのでFクラスなら当たり前ですね。

機内シャワーはない

エミレーツ航空のA380ファーストクラスのようにシャワールームはありません。

まあシンガポール航空のA380でも無いので、これはいらないと思います。

ANA ハワイ線 ファーストクラス運賃・値段

ANA ハワイ線 ファーストクラス運賃・値段画像

往復350,000~と破格の価格設定になっています。

ファーストクラスでこの値段は魅力的ですね。

燃油サーチャージと空港税などの諸費用は別途必要です。

ただし最安値ですので、通常は諸費用込みで50万円くらいに設定されているようです。

ビジネスクラス

ANA A380 ビジネスクラスシート

ANA A380 ビジネスクラスシート画像

56席ものビジネスクラスシートですが、こちらも従来のスタッガードシートを改良したものになっています。

居住性や機能などは大きな違いはありません。

ペアシートの導入

ペアシートの導入画像

もっとも大きな違いは、リゾート路線らしくペアシートがあるということです。

写真の右は従来のスタッガードですべての座席が隣と距離があるように設計されています。

ペアシート シートマップ

ペアシート シートマップ画像

今回はいくつかのシートでペアで距離が近くなっています。

通路を挟んだペア向けシートもあります。

奇数列の中央がペアシート。

偶数列は通路を挟んで窓側席と中央席も話がしやすい距離となっています。

18インチ大型スクリーン

18インチ大型スクリーン画像

新ビジネスクラスシートのタッチパネル式大型液晶ワイドスクリーンは18インチです。

B777-300ER(77W)及びB787-8スタッガードのスクリーンは17インチ。

B787-9のスクリーンは18インチで同じです。

その他の設備はほとんど同じ

その他の設備はほとんど同じ画像

サイドテーブルなどはほとんど従来型と同じです。

こちらも他のクラス同様ファブリック、カラーリングが現在のCAなどスタッフの制服の色になっている点が違います。

フルフラットベッド

ビジネスクラスも、もちろんフルフラットのベッドになります。

成田からの往路は深夜便ですので、ぐっすり眠れてハワイ到着後に元気に活動できるのがいいですね。

時差ボケはありますが。

ANA ハワイ線 ビジネスクラス運賃・値段

ANA ハワイ線 ビジネスクラス運賃・値段画像

諸費用込みで往復30万円くらいに設定されているようです。

プレミアムエコノミークラス

ANA A380 プレミアムエコノミー シート

ANA A380 プレミアムエコノミー シート画像

プレエコもファブリックが違うだけでピッチもB787-9と同じです。

ただスクリーンが15.6インチとプレエコでは業界最大級の大きさになりました。

※最前列は11.6インチ。

これはうれしいですね。

エコノミークラス

ANA A380 エコノミークラス シート

ANA A380 エコノミークラス シート画像

2種類のシートカバーがあります。

従来の青ファブリックと新しい制服のグレー基調の2種類があります。

こちらも最大級の大きなモニターがうれしい装備です。

カウチシート「ANA COUCHii」

カウチシート「ANA COUCHii」画像

全日空A380最大の目玉シート、ANA COUCHii(ANAカウチ)です。

横一列の3席または4席シートをフルフラットベッドのように利用できるのが特徴です。

子供連れの家族やカップルにおすすめです。

エコノミークラス料金に追加料金を支払うことにより予約、座席指定が可能です。

特典航空券でも利用可能です。

特典航空券

ANA A380ビジネスクラス特典航空券

ANA A380ビジネスクラス特典航空券画像

開放座席数 2席(AMC平会員)

ビジネスクラスの座席数が多いので開放数も多いかと期待されましたが、以前と変わらず2席のみです。

人気路線にもかかわらず6万マイル台で往復できるので空きは全くといってよいほどありません。

激戦でノンステータスの人はほぼ確保が難しい状況です。

ANA A380ファーストクラス特典航空券

開放座席数 2席(AMC平会員)

ビジネスクラスと同じく、ほぼ予約できない状況です。

まれに1席空いている日程もあるようです。

ただ、ハワイへ1人で行くという機会も少ないと思いますし、往復になるとまず無理と思ったほうがいいです。

特典航空券でA380のビジネス・ファーストに乗りたい人

特典航空券でA380のビジネス・ファーストに乗りたい人画像

ハワイにこだわらないなら、関空発着のタイ国際航空のバンコク線にA380が投入されることが多いです。

スターアライアンス特典でアワードチケットが取りやすいのです。

マイルに余裕のある方は、是非チャレンジしてみてください。

日本から乗れるA380の就航路線

日本から乗れるA380の就航路線画像

日本発着の他社A380は、一時期は少なくなりましたが、多少復活しています。

生産中止といってもこれから数年は保有機材で運航されます。

日本発着がある間に帰化があれば乗っておいたほうがいいと思います。

ラウンジ

ANA初 海外空港自社ラウンジ

ANA初 海外空港自社ラウンジ画像

今回A380の就航に伴い、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港にANA初の海外自社ラウンジが誕生しました。

JALのサクララウンジは海外に多数展開していますが、全日空は今回が初です。

ラウンジからA380アッパーデッキ(2階席)へ直接搭乗可能

ラウンジからA380アッパーデッキ(2階席)へ直接搭乗可能画像

ANAラウンジ及びANAスイートラウンジから直接ファーストクラス、ビジネスクラス、プレエコのある2階席へ搭乗できます。

スムーズな搭乗ができるので素晴らしいサービスだと思います。

ホノルル ANA LOUNGE

ホノルル ANA LOUNGE画像

SFCなどでも入室できるため、GWやお盆、年末年始の繁忙期は混みあうことが予想されます。

ANAラウンジ全般に言える不満ですが、SFCやスタアラGOLD専用のランクの低いラウンジの導入を希望します。

ホノルル ANA SUITE LOUNGE

ホノルル ANA SUITE LOUNGE画像

ファーストクラスならこちら。

ANAダイヤモンドサービスメンバーも利用可能です。

ただダイアの場合、ラウンジから搭乗するとエコノミークラスなら2階から1階へ降りなければいけませんので恥ずかしいです。

ラウンジから一旦出て通常の搭乗ゲートの優先搭乗を利用したほうがいいかもしれません。

A380ハワイ線のメリット

A380ハワイ線のメリット画像

最大のメリットはやはりファーストクラスの設定があるということでしょうか?

ファーストは新婚旅行に最適ですね。

記念日旅行や、お年寄りの方にも人気がでしそうです。

揺れが少ない

A380のメリットとしては従来機に比べて揺れが少なめで安定した飛行ができる点です。

といっても乱気流で揺れた経験もありますので、気候次第ですが。

A380ハワイ線のデメリット

A380ハワイ線のデメリット画像

アッパークラス的なデメリットとしては、エコノミーのSFCやスタアラGOLD、ANAダイヤモンドサービスメンバーが多い場合です。

ファーストなのに並ぶ?

成田空港で優先搭乗の際に長蛇の列になってしまう可能性があります。

以前JALの国際線ファーストに乗ったとき、並ばなければならなかったのが苦痛でした。

ファーストの乗客は3名しかいないにも関わらず、エコノミーの上級会員が多かったせいです。

ANAもA380なら人数が多いのでダイアが多ければ同じ目にあいます。

ビジネスのサービス低下

ビジネスクラスの座席数が多いため、満席の場合に機内食などの提供が席順によってかなり遅くなる可能性があります。

また、希望のメニューが提供されない確率も多くなります。

他社でもA380ビジネスクラスによくある現象です。

エコノミーは地獄?

繁忙期はエコノミークラスは搭乗の際に地獄のような長蛇の列が予想されます。

他社A380で何度も目にしています。

エコノミートイレ争奪

エコノミーはトイレの数が少ないので、こちらも従来機より順番待ちが長くなることが予想されます。

ハワイ入国審査が激混み

アッパークラスの人は真っ先に入国審査へ向かいましょう。

ESTA(エスタ)の自動入国審査機への列も激混みが予想されます。

預け荷物が出てくるのが遅い

ファーストやビジネスでも運が悪いと(上級会員が多い場合)やはり待たなければならない場合が出てきそうです。

運用は始まったばかり

運用は始まったばかり画像

生産終了発表後に新規就航するという運命になったANAのA380ですが、日本から乗れるのはやはりうれしいですね。

座席をどう埋めていくかが運航できる年数に関わってきます。

今後の展開に注目ですね。

航空会社・空港・ラウンジ 関連する記事

スポンサー リンク

ページの先頭へ